退職代行ランキングTOP5|忖度(そんたく)せず本音で解説!ここをクリック!

仕事を飛ぶ人の特徴9選|原因と現実的な対策を解説

すぐに仕事を飛びたくなる自分を変えたい

こんな悩みを解決します。

この記事を読むと、こんなことがわかります。

  • 仕事を飛ぶ人の特徴
  • 仕事を飛びたくなる原因
  • 仕事を飛ぶリスク
  • 仕事をすぐ飛びたくなる自分を変える方法

すぐに仕事を飛びたくなる自分に悩んでいる人は多いです。

もちろん、自分自身の原因もあるとは思います。

でも、原因は自分以上に、「環境」にある場合が多い。

この記事が、自分を見つめなおし、再起をかけるきっかけになりますよ。

著者
森山 拓

著者 森山 拓 (@kaisyakiraiyo)

メンタル疾患(適応障害)で会社員を離脱

退職代行業者に忖度(そんたく)しない情報発信を心がけています

退職代行の記事監修も対応可

当サイトは、メンタル疾患で十分な作業時間を取れない中、読者がトラブルに遭わないように心を込めて書いたものです。他のブログへの無断転載は、お控えください。

目次 (クリックできます)

仕事を飛ぶ人の特徴9選

まずは、仕事を飛ぶ人の特徴を把握しておきましょう。

Point!
  • 我慢が苦手
  • 辞め癖がある
  • 人付き合いが苦手
  • メンタルが弱い
  • 刺激に敏感
  • 行動力がある
  • メンタル疾患を持っている
  • 面倒くさがり
  • 自己肯定感が低い

それぞれ解説します。

我慢が苦手

仕事は、必ず我慢する場面が来る。

仕事をやっていると、どうしてもストレスがかかることがあります。

そんなときに、我慢ができないと、もう辞めたい!となってしまうもの。

我慢する力が弱ければ、それだけ飛びたくなる可能性が上がってしまいます。

辞め癖がある

辞めることへの心的ハードルが低い。

仕事を飛ぶのは、勇気がいることです。

もちろん、同じ仕事を続けることも大変ですが、飛ぶのも実は大変なこと。

次の新しい環境に進まなければなりませんからね。

辞めた経験が多いほど、辞めることへの心的ハードルが下がります。

経験したことは、もう一度やりやすいものです。

ただ、一つ知っておいてほしいのは、辞め癖は決して悪いことではない、ということ。

辞めるコトは、もっと自分に合った環境を探すチャレンジです。

辞めるコトは、逃げではなく、チャレンジ。

メンタル的には、辞めない癖の方が危険です。

人付き合いが苦手

飛びたくなる主な原因は人間関係にある。

人付き合いって面倒臭いですよね。

どうして愚痴ばかり言うのか、人の悪口ばかり言うのか。

世の中、変な人が多い。

私自身、人付き合いが苦手です。

そうはいっても、仕事の多くは他人と関わらなければなりません。

そうすると、人付き合いが苦手な人ほど、職場で苦しい状況に追い込まれがちです。

メンタルが弱い

人によって、メンタルが強い・弱いの差がある。

メンタルが強い人は存在します。

同時に、メンタルが弱い人も存在するんです。

自分がストレスに弱くて、悩む人も多いかもしれません。

私も、メンタルがかなり弱いです。ちょっとしたストレスで動悸がしてしまいます。

メンタルが弱いなら、弱いなりの生き方を選択してくことが大事だと、思ってます。

刺激に敏感

世の中には、生まれつき刺激に敏感、メンタルが弱い人がいる。

HSPという言葉を調べてみてください。自分のメンタルの弱さを受け入れるきっかけになると思います。

私自身、強度のHSPです。

HSPについて調べてみると、別にメンタルが強くなるわけではありません。

でも、知らないときよりも、ずっと生きやすくなりますよ。

行動力がある

何も考えない人は、退職さえしない。

仕事を辞めるコトは、決して悪いことではありません。

もちろん、バックレや飛ぶのはダメですよ。

何も考えない人は、自分に合っていない環境で、延々と働き続けること。

仕事を辞められるのは、行動力がある証です。

もっとよりよく生きることをあきらめていない証拠。

メンタル疾患を持っている

メンタル疾患は再発しやすい。

私自身、メンタル疾患(適応障害)を持っています。

メンタル疾患は再発しやすい。

治ったように見えても、復職すると再発してダウンする人は多いんです。

以前アンケートを取ったら、半分以上の人が再度ダウンしていました。

みんな再発してます。だから、メンタルダウンしたからと言って悲しまないでください。

面倒くさがり

揉め事があると辞めたくなっちゃう。

すぐ飛びたくなる人は、面倒なことが嫌いです。

面倒事が少ない方がいいに決まってはいますが、どうしても避けられないときもあるでしょう。

自己肯定感が低い

人から批判され過ぎると、自己肯定感が下がってしまう。

正直って、仕事ができない人は職場に人権はありません。

悪口の的になってしまいます。

人から批判され過ぎると、自己肯定感が下がる。

自己肯定感が下がると萎縮して良い仕事もできなくなる、悪循環になってしまうんです。

次は、仕事を飛びたくなってしまう「原因」を解説します。

原因を知ることで、何を対策したらいいかが見えてきます。

仕事を飛びたくなる原因

Point!
  • 高圧的な人がいる
  • 仕事が難しすぎる
  • 入社前の話と違う
  • 給与が少ない
  • 職場の人となじめない

それぞれ解説します。

高圧的な人がいる

真面目に働きたくても、キチガイみたいな人が職場を壊す。

意外にも、仕事をすぐ飛ぶ人は真面目な人が多かったりします。

逆に、仕事に真面目でなく、人に対して高圧的な人ほど、長く働いている。

なぜか、日本の職場では多いです。

お局さんは、これにあたりますね。

結局、高圧的な人が勝っちゃうんです。

真面目な人は損ですね。

仕事が難しすぎる

人には、能力の限界がある。

自分はなんて仕事ができないんだ、と悩んでいませんか?

何回も教えてもらっているのに、全然できるようにならない。

上司も、お前のためだと言って、めちゃくちゃ怒りながら教えてくる。

自分の努力が足りないんだと。

でも、これ違うんですよ。

人によって、能力が高い・低いがあるんです。

能力が低くても恥ずべき事ではありません。

きちんと、自分の能力に見合った仕事をすることが大事。

能力がないのに、部下5人をコントロールして仕事を成功させろ!なんて言われたって、出来ないですよね。

今、仕事ができなくてつらいのであれば、もしかしたら仕事内容が今の自分にとって難しすぎるだけなのかもしれません。

入社前の話と違う

求人票で嘘を書く会社がいる。

入社前聞いていた仕事内容、給料、休みと違う。

入社した後に、嘘でしたなんて言われたら困りますよね。

こんな時、辞めるのは全然おかしなことじゃないですよ。

会社側がオカシイです。

給与が少ない

給料が少なくて労働環境が悪いと、我慢が難しい。

給料が少ないのに、労働環境が悪かったら、割に合わないですよね。

あまりにもバランスがとれていなければ、辞めたくなって当然です。

職場の人となじめない

結局は人間関係がすべて。

色々理由はありますが、辞めたくなる理由は人間関係に行きつきます。

職場の人と仲良く楽しくやれたら、給料が少なくたって、仕事が忙しかったって、頑張れるんですよ。

でも、職場の人となじめない人は多い。

理由は色々あります。

  • 自分自身仕事ができないので嫌われる
  • 職場の人間がそもそもおかしい人
  • 会話が苦手

人間関係は、尽きることのない悩みですね・・・。

ちなみにですが、仕事が辛いからと言って飛ぶ(バックレ)をしようとしていませんか?

リスクが高いので止めましょう。

どんなリスクがあるか解説します。

仕事を飛ぶ(バックレ)リスク

Point!
  • 懲戒解雇になる
  • 損害賠償請求される
  • 上司が家に来る

それぞれ解説します。

懲戒解雇になる

ばっくれは懲戒解雇の理由になる。

下記要件を満たすと、会社は懲戒解雇にすることができます。

  • 従業員が、企業の規定や法令に違反したことが原因であること。
  • 従業員が、企業の財産や営業を損害する行為をしたことが原因であること。
  • 従業員が、仕事に対する基本的な責任を果たさなかったことが原因であること。

いわゆるばっくれは、無断欠勤であり、懲戒解雇にできます。

懲戒解雇は、転職に不利になるので、あとあと後悔します。

損害賠償請求される

損害賠償請求は成立しなくても、請求されると怖い。

多くのネット記事では、ばっくれでも損害賠償は成立しないから大丈夫と言っています。

確かに間違ってはいません。

損害賠償で訴訟を起こすことは、費用・時間・成立の可能性の観点から現実的ではありません。

ですが、嫌がらせを目的とした損害賠償請求は多く起きています。

正直、訴状が届くとめちゃくちゃ怖いですよ。

【あわせて読みたい記事】
バックレで損害賠償になった事例は実際あるの?

上司が家に来る

嫌がらせのために上司が家に来ることが多い。

通常なら、上司が家に来るなんてありえません。

ですが、ばっくれの場合、本人と連絡が取れないため上司には家に来て確認する合理的な理由ができます。

そうなると、どうなるか。

嫌がらせのために、家に来るわけです。

【あわせて読みたい記事】
【恐怖】仕事をばっくれると上司が家に来るよ!|回避する方法を解説

もちろん、ばっくれが成功する可能性はあります。

でも万が一、トラブルに巻き込まれたら、本当に面倒です。

どうしても飛びたくなったら、退職代行を使いましょう。

仕事を飛ぶくらいなら退職代行を利用しよう

Point!
  • 退職代行を利用しよう
  • 退職代行のデメリット
  • 退職代行のメリット
  • おススメできる退職代行

それぞれ解説します。 

退職代行を利用しよう

・退職代行は「会社に退職を伝え、手続きをフォローするサービス」

料金相場は2~3万円、弁護士だと5~30万円が目安

退職代行に依頼すれば、会社の人と直接やりとりせず、即日で会社に行かずに済みますよ。

退職代行は、正式な退職の手続きをとるので何ら後ろめたいことはありません。

「ばっくれ」のリスクを背負う必要はないんです。

\ツライ状況を抜け出す有効手段/

/正式な退職手続きなので安心\

ただし、利用前に退職代行のデメリットは把握しておきましょう。

退職代行のデメリット

対策もセットで解説しますね。

デメリット
  • お金がかかる
  • 会社で悪い噂をされる
  • 悪質な業者に依頼するとトラブルに巻き込まれる

それぞれ解説します。

お金がかかる

退職代行の相場は2~3万円、弁護士は5~20万円程度。

退職代行には大きく3種類あり、料金相場と業務範囲は以下の通り。

退職代行種類 民間企業労働組合弁護士法人
料金相場1~5万円2~3万円5~20万
会社への代行連絡
会社との交渉交渉すると違法
裁判での代理人××
おススメ度トラブルリスク高バランス良い安心したい人向け

当サイトでは「労働組合」か「弁護士法人」の利用をおススメしています。

退職代行の費用は小さい金額ではないので、負担に感じる人も多いと思います。

【対策】
・会社との手切れ金と考え、あきらめる。
・有給消化すれば、トータルではプラスのケースが多い。

「会社と直接やり取りせず辞められる安心感」と「退職代行の費用負担」

どちらのメリットが大きいか、一度じっくり考えてみましょう。

ちゃんとした退職代行を利用すれば、有給全消化できます。

【あわせて読みたい記事】
退職代行ガーディアンなら有給消化できる!

会社で悪い噂をされる

退職代行に否定的な人は、一定数いる。

どうしても退職代行を使ったことは、職場に知られてしまいます。

中には、退職代行を使ったことを批判する人もいるでしょう。

ものごとに賛成・反対があるのは当然。

そのため、悪い噂をされるのは避けられません。

【対策】
・会社の人の連絡先を、全てブロックする
・時間が解決してくれるのを待つ

ほとんどの人は、退職が決まった後は連絡先をブロックしています。

ブロックしてしまえば、無関係な人が知らないところで悪口を言っているだけ。

それでも気になって辛いです。

確かに、気にするなという方が無理な話かもしれません。

でも、辞めた人の噂話なんて1か月もすればなくなります。

いない人の噂話は、時間と共に飽きてくるからですね。

つらいけど、少し辛抱です。

悪質な業者に依頼するとトラブルに巻き込まれる

他業種からの新規参入も多く、質の悪い退職代行もいる。 

ここ数年で利用が増え、注目が集まっている退職代行。

そのため、他業種から新規参入する業者も多いです。

未経験者が参入するので、サービスの質がばらついて当然。

以下の特徴の退職代行は、リスクが高いので要注意。

  • 個人が請け負っている(SNSなどで利用者を募集)
  • 会社のホームページが存在しない
  • 設立からの期間が短い(2年未満は注意) 
  • 異常に安い(2-3万円が相場。1万円以下は危険)

安さや限定などの消費者心理をくすぐる広告には気をつけましょう。

【対策】
多くの視点で調査して、退職代行を選ぶ
①運営元
②設立年度
③信頼性
④会社の風土
⑤口コミ・評判

実は、トラブルは特定の数社に偏っているんです。

リスクの高い業者を避ければ、安心して退職できます。

【あわせて読みたい記事】
退職代行15社を比較|忖度(そんたく)せず本音で解説!

以上が、退職代行のデメリットになります。

もちろん、退職代行にはメリットもたくさんあります。

退職代行のメリット

メリット
  • 即日で会社に行かずに済む
  • 会社と直接やりとり不要
  • 有給休暇を全消化できる
  • 転職サービスあり

それぞれ解説します。

即日で会社に行かずに済む

退職代行は「依頼して即日から2週間は、欠勤or有休消化、その後退職」が基本の流れ。

退職代行を利用すると、実質的に即日で会社に行かなくて済みます。

でも、就業規則では退職は1ヶ月前までに申し出るように記載があって…

就業規則よりも上位にある民法で「会社への退職の申し出は2週間前まで」と定められているので、退職可能です。

(期間の定めのない雇用の解約の申入れ)

第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用元:民法|e-Gov法令検索

でも有給が2週間分残っていなかったら、ダメでしょ?

有給がなくても、欠勤で対応できるので問題ありません。

会社と直接やりとり不要

退職代行がすべての仲介をしてくれるので、精神的な負担が減る。

退職代行が受け止めてくれるので、嫌な上司に怒られることもありません。

以下のやり取りも、会社の人と合わずに済みます。

  • 業務の引継ぎ:退職代行経由
  • 貸与物の返却:郵送
  • 会社に残した私物:郵送
  • 書類のやり取り:郵送

有給休暇を全消化してから退職できる

有給休暇をきっちり消化できる。

自力退職では、心身ともに疲弊して、有給をあきらめる人も多いです。

でも退職代行では、有給休暇を全消化して退職が可能。

退職代行が間に入るため、会社側の顔色を伺う必要は一切ありません。

【あわせて読みたい記事】
退職代行ガーディアンなら有給消化できる!

転職サービスあり

退職後すぐに転職活動もできる。

ほとんどの退職代行は、転職サポート会社と提携しています。

すぐ転職活動をしたい人は、利用するのもよいでしょう。

もちろん、利用するかどうかは自分で選べます。

では最後に、仕事をすぐ飛びたくなる自分を変える方法を解説します。

仕事をすぐ飛びたくなる自分を変える方法

Point!
  • 簡単な仕事から始める
  • 住む場所を変える
  • 同じ悩みを持つ人と交流する
  • 人との摩擦の少ない仕事をする

それぞれ解説します。

簡単な仕事から始める

仕事ができる環境で自己肯定感を上げる。

無理に難しい仕事を選ぶと、苦労します。

今までは、自分の能力よりも高い仕事を選びすぎているのかも。

まずは簡単な仕事を始め、仕事で役に立てる自分を見つけましょう。

自己肯定感が上がると、日々の生活が楽しくなります。

住む場所を変える

人間関係を一度リセット。

もしも、ずっと同じ地域に住んでいるのであれば、思い切って遠くに引っ越すのもありです。

住む場所を変えて、人間関係をリセット。

新しい自分として、生活を再スタートするのも有効な手段です。

同じ悩みを持つ人と交流する

自分の悩みは、意外と他の人も抱えている。

自分のことを批判する人とばかり付き合ってはいけません。

どんどん自己肯定感が下がり、やる気だけじゃなく、能力も下がってしまいます。

傷のなめあいと言われても構いません。

自分の悩みを共感してくれる人と過ごしましょう。

まずは、自分を大切にすることからスタート。

人との摩擦の少ない仕事をする

在宅でできる仕事がおススメ。

最近は、youtubeなどでも在宅でできる仕事が多く紹介されています。

在宅でできる仕事は、他の仕事と比べて人との摩擦が少ないです。

もちろん、収入面での不安はあると思いますが、神経をすり減らして人生を溶かすより、ずっと人間らしい生活を送れます。

まとめ

仕事を飛ぶ人の特徴
  • 我慢が苦手
  • 辞め癖がある
  • 人付き合いが苦手
  • メンタルが弱い
  • 刺激に敏感
  • 行動力がある
  • メンタル疾患を持っている
  • 面倒くさがり
  • 自己肯定感が低い

仕事の環境を変えたら、今とは違った人生が見つかると思います。

自分の能力の話はありますが、環境の影響って思ったより大きいですよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次 (クリックできます)